キャプチャージェット™テクノロジーで煙をブロック!高い捕集効率で快適な調理。

ハルトンのR&Dの研究所で行われたテストにおいて、排気の捕集効率は厨房内で人が通り過ぎるだけで簡単に下がってしますことがわかっています。ダイニングエリアにおいても、室内の要因によっては予測できない大きなドラフトが起こります。

完全にオープンスタイルなモビシェフは、開発当初、煙の捕集を完全に行うことができませんでした。この捕集漏れを防止するためにハルトンのキャプチャージェット™テクノロジーを搭載し、調理エリアの前面と側面は完全に、煙を「ロック」。大きなガラスを採用することで調理の様子がよく見え、離れたお客様も同じようにショーを楽しむことが可能になりました。

キャプチャージェット™テクノロジーで捕集漏れを防止し、作業効率を向上


ハルトンのモビシェフは、キャプチャージェッ卜™テクノロジーの最新設備が装備されています。作業位置の周りは、側面と上部に配置されたキャプチャージェットによって調理排気を「ロック」。このシステムにより効率的に調理機器から排出されるすべての煙を捕集し、先進の統合リサイクル技術の最初のフィルター、高効率マルチサイク口ンフィルターに向けて誘引するエアカーテンを作り出します。調理のたに大きな開口を確保しながら、キャプチャージェッ卜™テクノロジーの搭載によって、煙や排気の臭いを防ぎます。


ハルトンのR&Dで行った、加熱機器の排気の様子を映し出すテストで、熱と蒸気が完全に捕集されていることが分かりました。



キャプチャージェット™テクノロジーは、その捕集効率と静音性のためにも、モビシェフに必須のソリューションです。

キャプチャージェット™テクノ口ジーにより、調理排気を捕集する為の換気量を低減でき、モビシェフの排気循環ユニットを可能な限り小さくすることができました。ユニットは調理のサーブを考慮し、必要最低限なサイズにしました。また、ファンの動作音は驚くほど静かで快適です。
 

安全で機能的なクッキングステーション。調理の様子が見えます!

ハルトンのモビシェフは、全面ガラススクリーンによってお客様に調理という素晴らしいショーを見せながら、シェフにとってよりよい作業環境を提供できます。

ガラススクリーンはスニーズガードとしても機能し、フルオープンな調理スタイルにも関わらず、高い衛生性を実現します。

キャプチャージェット™テクノロジーにより フロントガラスへの油脂の付着も防ぎます


更にフロン卜ガラス上部にキャプチャージェットのカーテンが配置され、これは文字通りカーテンの役割を果たし、煙や汚染物質などの調理排気によるガラスの汚れを防止します。

ハルトンのモビシェフはガラススクリーンの清掃の手間を最小限にし、調理の様子が見えるクッキングステーションです。

調理器具の奥行きは700/900mmに対応。奥行きが違っても使い勝手は同じです

ハルトンのモビシェフは、簡単な卓上型調理器具から業務用厨房まで広く使われる標準の奥行き(D=700mm)と、さらに大きい奥行きの機器(D=900mm)、あらゆる電気調理器具が設置可能。フライヤ一、グリル、中華鍋等、すべてこの革新的なモバイルクッキングステーションで管理できます。

油や臭いをともなうこと無く、お客様の前でクッキングショーを実現

ハルトンのモビシェフは、6以上のユニットで構成される排気システムを通過し非常に効率的に排気のリサイクルを行っています。それは、調理機器によって排出されたすべてのグリースや煙だけでなく、調理の臭いなどそれぞれの汚染空気のタイプにあわせたユニットで廃棄処理行うように配慮されています。

モビシェフの調理排気は、循環して設置されているダイニングエリア内に排出されます。ハルトンのモビシェフは、排気ダクトへの接続を必要としません。ダイニングエリアのどこにでも設置することができ、完全にプラグアンドプレイなモバイルステーションです。

排気のことはハルトンに任せて、サービスに集中できます

モビシェフのタッチスクリーンはハルトンフードサービスのプラットフォーム(FCP)の一部です。これは、ハルトンのハイパフォーマンスキッチンのすべてのソリューションを管理するために開発されました。厨房内に様々なタイプのソリューションが幾つかある場合でも、ハルトンのタッチスクリーンなら、すべて制御可能です。

ハルトンのタッチスクリーンは、主な機能の制御を容易に行うために、わかりやすく明確に表示。指一つで操作が可能です。

使いやすく、分かりやすい表示

 

フィルターのメンテナンスを容易にフィルターのメンテナンスを容易に

ハルトンのタッチスクリーンは、主な機能の制御を容易に行うために、わかりやすく明確に表示。保守を計画的に行うために、フィルターの残り寿命を表示。

モビシェフは、常に適切な回転数にファンをコントロールします。

ファンの速度は、フィルターの汚れによって生じる圧力損失を、自動的に補うように調整されています。排気風量は、フィルターの捕集効率が一番良い状態に保たれるように維持されているのです。