安全性と衛生性を向上。費用対効果の高いソリューションです。

KSAサイクロンフィルターは、5〜10μmの油脂を除去する高効率のケミカルフィルターです。フードと換気天井システムの排気プレナムチャンバー内だけでなく、ダクト内部への油脂の付着も軽減します。

油脂の付着の軽減することは、火災を防ぎダクト内部の衛生性を向上させます。

より高い安全の為にキャプチャーレイ™テクノロジーを採用する場合、UV-Cランプでは分解できない比較的大きな油脂の粒子を除去する為に、KSAのサイクロンフィルターの設置は必須です。

バッフルフィルターとの違いは?

 

 

KSAサイクロンフィルターは、垂直なハニカムで構成されています。内部を旋回するように空気が移動し、油脂が分離するように設計されています。特に遠心効果は、一般的なフィルターと比較すると、その連続性により油脂の分離がより効率的に行われます。KSAフィルターは、10μm程度の油脂の粒子を95%以上捕集します。

KSAフィルターは、難燃性などのUL(アンダーライター·ラボラトリーズ)認定と、NSF(国立衛生財団)の衛生と安全の認証を取得しています。これらはすべてのフードとKCJの天井に取り付けられています。(日本では、厨房工業会認定のFCフィルターを採用しております)

小さな投資で、大きなコストを節約。

KSAのサイクロンフィルターはフィルターとしては決して安くはありませんが、運営上のコスト削減を可能にします。

- 油脂の堆積を確実に防ぎ、ダクト洗浄のコストを削減します。
- 圧力損失が少なく、ファンのエネルギー消費を削減します。

このように、KSAサイクロンフィルターは収益性の高い投資になります。