グリスフィルターの自動洗浄は衛生と火災安全レベルの向上に貢献します。


セントラルキッチンや病院などの大きな厨房では、グリスフィルターの清掃に大きなコストを要します。クリーンシステムは、フィルターを取り外すこと無く、洗浄スケジュールの設定によって、自動的に定期的なクリーニングを実行するように設計されています。

クリーンシステムは、様々な問題を事前に解決する一つの方法です。それは決して安価ではない人件費の削減につながります。これは、法的に行わなくてはいけない定期清掃や、ビルメンテナンスにおける既定の清掃にかかるコストが軽減できるということです。油脂の堆積を防ぎ、安全性だけでなく衛生レベルを向上します。

Hクリーンシステムの仕組み



フィルター自動洗浄付のフードや換気天井システムのプレナムは、密閉・防水されています。効率的にKSA(FC)フィルターを洗浄するためにスプレーノズルがセットされ、適切に洗浄を行うスケジューリング機能が付いています。この機能は、制御キャビネットに設置されたタッチスクリーンから設定を行います。

洗浄サイクルは、外部と接続することなく管理が可能。必要に応じて、手動設定することができます。基本的な洗浄サイクルは、下記の通りです。
- 洗浄:洗剤と湯を吹き付ける
- 待機:油脂を溶かす為の、浸透・反応時間
- すすぎ:油脂および余分な洗剤をすすぐ

洗浄時間の設定は、調理後、油脂が固まる前に行うのが効果的です。洗浄は、一日一回以上の行うことをお勧めします。油脂の固着を防ぐためにも、少なくとも1週間に一度は洗浄を行って下さい。又、良好な洗浄効率のために決められた湯と洗剤の噴霧時間は厳守してください。

フィルターの予備が不要、清掃費用を大幅削減

クリーンシステムの採用により、フィルター洗浄が外部のサービス会社によって行われている場合は、そのコストを大幅に削減できます。

フィルター洗浄がキッチンスタッフによって行われている場合は、手間を省いたことによる大きなメリットが生まれます。スタッフは自社の本来のビジネスにより専念することが出来るようになるのです。メニュー開発、調理などに、より多くの時間が割ける訳です。特に稼働時間の長い大規模なキッチンでは、これらはより重要であります。

洗浄用予備フィルターの 購入コストを削減し、投資回収の期間を短くします。