HACCP危害分析重要管理点

ハルトンは、2010年3月にHACCP認定厨房換気製品(PE-567-HM-01I)を取得しました。これらの製品は、食品に安全な機器として認定されており、HACCP国際食品安全認証制度の基準に準拠してHACCPベースFoodSafetyプログラムの要件を満たしています。

国際HACCPアライアンスは、1994年3月25日に開発されたに均一なプログラムを提供することにより安全な肉や家禽製品を保証出来るシステム。これは、テキサスA&M大学の動物科学科内に置かれています。

HACCPウェブサイトへ
 


危害分析重要管理点やHACCPは、予防の手段ではなく、完成品の検査などの食品の安全性と製薬の安全性の為に取り組むべき、物理的、化学的、および生物学的な災害に対する体系的な予防的なアプローチです。 HACCPは、潜在的な食品安全上の問題を識別するために、食品産業で使用され、その結果、キーアクションを軽減または危険性の危険性を排除することができます。システムは、食品の生産と準備のプロセスのすべての段階で使用されます。

ULのアンダーライター研究所

アンダーライターズ·ラボラトリーズ(UL)とは、独立製品安全認証機関です。 1894年にイリノイ州ノースブルックで設立され、 主に製品の安全性に関する、規格や製品・材料・部品・アセンブリ・工具および機器のための試験方法を定めています。

ULは、管理システム登録プログラムを通じて、会社のビジネスプロセスにおける効率性を認証します。 又、ULはサウスベンド(インディアナ)の飲料水研究所を通じて、飲料水と他のきれいな水サンプルを分析し、子会社(UL環境)を通して、水資源に対して環境持続可能性のための製品の評価を行っています。

UL ウェブサイトへ
 

NSF国立衛生財団

非営利の非政府組織である、NSFインターナショナル(The Public Health and Safety Company ™)は、人々の健康と安全のための規格開発、製品認証、教育、リスク管理の世界的リーダーです。

65年もの間、NSFは環境衛生や安全及び環境保護に携わってきました。食料や水や室内空気、そして環境にフォーカスし、国内基準の開発や学習の機会を提供し、すべての出資者の利益を代表し、第三者機関として適合性評価サービスを提供しています。主要な出資者グループは、全ての産業界、規制地域社会、そして一般大衆が含まれます。

NSF ウェブサイトへ
 

技術的な規制と計量上のGOST連邦庁

GOST規格はもともと、国家標準化戦略の一環として、ソビエト連邦の政府によって開発されました。

GOSTは標準化、計量と認定のためのユーロ·アジア·カウンシル( EASC ) 、インディペン国家共同体( CIS)の後援の下で動作する地域の標準化団体によって維持技術基準のセットを今指します。技術基準のセットは、 12カ国で適合性評価活動に広く使用され20,000以上のタイトルが含まれています。彼らは、エネルギー、石油·ガス、環境保護、建設、運輸、通信、鉱業、食品加工、その他の産業をカバーしています。

GOST ウェブサイトへ
 



ロシア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、キルギスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、グルジアANSトルクメニスタン:以上の自国の、全国的に開発された標準規格に加えて、GOST規格を採用しています。